2009年10月25日日曜日

CCN(コピーライターズクラブ名古屋)特集⑦

本日はまとめです。

最近思うことは「名古屋勢の勢いがなくなっているなあ」と感じました。

名古屋でも入賞する方が決まりつつあります。

もちろん、全国から作品が来るので負けてしますのは否めないかもしれません。

でも、そんなこと言ってもしょうがないと思います。

自戒を込めて、がんばろうと思います。

※来年からはCCNの委員長が尾崎敬久さんに変わります。

とてもまっすぐな方なので、どうCCNが変化するのかが楽しみです。

2009年10月24日土曜日

CCN(コピーライターズクラブ名古屋)特集⑥






本日はグラフィック部門の受賞者です。


画像は後ほどアップするのでお待ちください(ほんとすみません)


全体的には、どれも素晴らしく強い言葉たちがひしめき合っていました。


ほんと、このグラフィックだけは見ていると凹みます。


みなさん、ギラギラしてるもん!





CCN2009[グラフィック部門賞]


漆畑陽生 (クリント) レッドバロン/新卒採用ポスター


野澤幸司 (博報堂) 民主党青年局/若者の政治参加促進ツール(A4/B5ポスター)


渡邉寛文 (朝日オリコミ) 相模ロード/この道ひとすじ ほか


野澤幸司 (博報堂) エドウィン/新卒説明会用ポスター


山中康司 (電通中部) 名古屋広告業協会/日本一おいしいうどん屋


川口修 (電通西日本) ムネ製薬/「うんち」は、立派な体重です。ほか


野澤幸司 (博報堂) 民主党青年局/若者の政治参加促進ツール(B1ポスター)


桃林豊・大重絵理(電通) スポーツクラブルネサンス/お正月サンプリング用あぶらとり紙


笠井剛 (リクルートメディアコミュニケーションズ)第一カッター興業/B2ポスターシリーズ


園田曜一 (リクルートメディアコミュニケーションズ)ハークスレイ/新卒採用セミナー


野澤幸司 (博報堂) 民主党青年局/若者の政治参加促進ツール(ハガキ)


玉山貴康・鶴香奈子 (電通)ローソン/マイ箸さえいりません。ほか


川口修 (電通西日本)ムネ製薬/自分のウンチから、家賃を取りたい。ほか


川口修 (電通西日本)兵庫トヨタ/ゴルフ場でスイングの次に見られるのは、乗ってる車


黒岩聡 (アドパスカル) 協賛各社/福岡を去る、あなたへ。


西村麻里 (フリー) LOVE&HELP/LOVE&HELP


渡邉寛文 (朝日オリコミ) 全日本空手道連盟剛柔会 相武館/父が怒らなくなった。ほか


岡部将彦 (電通中部) リクルート/お札シリーズ






2009年10月23日金曜日

CCN(コピーライターズクラブ名古屋)特集⑤








本日は、WEB部門の受賞作品です。


社会の流れではWEBは、もう無視できない媒体になっています。


しかもクリエイティブもすてきなものがぞくぞく出てきています。


ただ、CCNで言えばまだ日陰感が否めません。


個人的にはTCCと同じことばかりしてないで、きちんと時代を見据えて賞の採点をしたら良いと思いました。


コピーライターの賞だからコピーを見ることは当たり前ですが、名古屋だからできること、あると思いますが。


まずは受賞者リストを。





CCN2009WEB部門賞]


松永寛 (電通) トヨタ自動車/PARKING







橋本晋明 (電通関西支社TOKYOROOM 拓人/ぼくだけのやる気スイッチ















個人的にはトヨタのIQ。


商品のコンパクトさをFACTをもとに、IQらしく表現しています。


受賞者のスピーチ。


「いつもはプレゼンで困難を極めるトヨタさんも、この企画はすんなりOKがでました。ただ唯一言われたのが『コンパクトさは伝わるけど、駐車場から出れるの?って質問をされない?』」と言われました。


この話を聞くと、トヨタさんといっしょにできた企画なんだなあと感じました。


もし、IQが駐車場から出ない映像だったら、なんら面白くないですしね。


今後ますますソーシャルメディアの使い方が重要になってくると思われます。




本当におめでとうございます。


2009年10月22日木曜日

CCN(コピーライターズクラブ名古屋)特集④





本日は、ラジオCMの受賞者の紹介です。


常連の岡部さん、さすがです。なかでも、キャノンマーケティングのRCMはおもしろかったです。


意外な切り口から表現されています。ただわかりにくいのかな?と思ったのですが、きちんと耳に残ります。


アリだと思いました。


以下は受賞者リストです(スクリプトは後日UPいたします。)






岡部将彦 (電通中部) リクルート/今日のフロムエー

岡部将彦 (電通中部) 春日井製菓/黒あめ絵描き歌


岡部将彦 (電通中部) リクルート/人生の1冊


正樂地咲 (電通関西) パナソニック/空耳


廣瀬泰三 (電通関西) ロート製薬/経費削減ヒーロー


山中康司 (電通中部) FM群馬/滅多に聞けない音


栗田雅俊 (自宅)    キャノンマーケティングジャパン/英語ほか


廣瀬泰三 (電通関西) ロート製薬/先生のあだ名ほか

2009年10月21日水曜日

CCN(コピーライターズクラブ名古屋)特集③





本日はテレビ部門をご紹介します。


よくこんなこと考えられるな~と感心してしまうCMばかりですばらしいと思いました。


みなさん、ほんと強者です。






CCN2009[テレビ部門賞]


中島和哉 (アサツーディ・ケイ) 京楽栄開発サンシャインサカエ/下げスギ水着











上野達生 (BBDO J WEST) 日本セレモニー・典礼会館/バス・おじいちゃんの思い




今井美緒 (BBDO J WEST) 福岡保健学院/歩行訓練




吉田一馬 (電通西日本) 西日本高速道路/標識Aほか




橋本晋明 (電通関西支社TOKYOROOM) 拓人/ぼくだけのやる気スイッチ

http://www.tact-net.jp/ 









本多集 (電通中部) 大洋薬品工業/老夫婦ほか


http://www.taiyo-yakuhin.com/









勝浦雅彦 (電通九州) 質庫ぜに屋本店/品物の想い




岡部将彦 (電通中部) リクルート/紙相撲




大林孝明 (風とランディ) 西日本酪農協同/ママの気持ち「あっくん」ほか




鍵矢康紀 (電通西日本)  西日本高速道路/Go There.




山崎英生 (電通関西)   ダイドードリンコ/ペットの飼い方LESSON




中牧広和 (デーライト)  綜合スタッフ/ワニトレーナー他




左俊幸  (電通九州)   福岡質屋共販会/若いコほか




玉川健司 (西鉄エージェンシー)ソラリアプラザ商店会/天気図 ほか









2009年10月20日火曜日

CCN(コピーライターズクラブ名古屋)特集②

本日は、最高賞から特別賞までをご紹介します。




CCN2009最高賞


小西利行・金川慎一郎 (POOL inc・博報堂プロダクツ) 三幸興業/電車くんほか







CCN2009福里真一賞


上野達生 (BBDO J WEST) 日本セレモニー・典礼会館/バス・おじいちゃんの思い


岡部将彦 (電通中部) 春日井製菓/黒あめ絵描き歌




CCN2009三井明子賞


岡部将彦 (電通中部) リクルート/今日のフロムエー


山中康司 (電通中部) 名古屋広告業協会/日本一おいしいうどん屋










個人的には、名古屋広告業協会/日本一おいしいうどん屋がいいなあと思いました。


最後のオチがシュールで、好みです。


グラフィックだけではなく、ラジオでもTVでもいけそうなかんじもすてき。


山中さんの言葉
「産みの苦しさの後にある感動」


いつもまっすぐに一生懸命にがんばっているクリエイティブのかたなら共感できる言葉ですね。




みなさんおめでとうございます。






2009年10月19日月曜日

CCN(コピーライターズクラブ名古屋)特集①







17日(土)にCCN(コピーライターズクラブ名古屋)の授賞式が行なわれました。


いつも思うこと。


つねに嫉妬ばかりで、じぶんの無力さに絶望します。


そこで、せっかくなので今週はCCNの概要とともに受賞広告の紹介をしたいと思います。
CCNってなに?とか、CCNって楽しいの?ということに応えていきたいと思います。


CCNとは?




CCNとは、名古屋地区広告表現のレベルアップを前提とし広告表現者同士の垣根を越えた交流の場の提供など広い範囲での情報集積&発信をする組織として誕生しました。


と、以前?のホームページに載っていました。


ただ、最近では全国の広告物が名古屋に集まっています。


だからTCCに入賞するような作品がバンバン来ます。


見たこともないような地方のクレイジーな広告が来ます。


審査は、新東通信という会社のホールで行なわれますが、それが「公開審査」。






名古屋の人じゃなくても、外人でも、犬でも、どんなひとだって見ることができる。


ほんと、カジュアル。だけど、作品を出品したひとにとっては「公開処刑」ともなりえます。












審査を終えたらお決まりの「世界の山ちゃん」で飲み会。


自分のことや、相手のこと、バカなことなどを話し合います。


サロン化していないので、みんなが横一線。


いいかんじ。


まだ来たことが無い方、一回でもいいので来てみはいかがでしょう。


きっと3秒でとけ込めると思います。ほんとに。











2009年10月18日日曜日

良いことをしたら、謝りなさい。

今日は、デニーズで見たキャンペーンを。



TABLE FOR TWOプログラム『100万人ごはん~自分と世界を変える』キャンペーン


10月16日は世界食料デー。世界の食料問題について考える1日だそうです。知りませんでした。


そこでデニーズは、メニューを開発し、その一食につき20円をNPOに寄付するというキャンペーンをしていました。


偶然デニーズでお仕事をしていたので、写真を。
















ただ、周りをみるとそのメニューを注文している人が少ないように思えました。


わたしも正直、注文することをためらいました。


きっと、想いが先にきてしまって、「重いなぁ~」って感じがしたからかもしれません。つまり、食べることすら罪に感じてしまうからです。


こういった取り組みはこれからどんどん増えると思われます。


ものが売れない時代に、「買ってもらえる理由」を無理矢理にでもつくらないといけないからではないでしょうか。


でも、この広告。そもそも、不親切。ていうか、あまり愛が感じられません。


「人に善を成すときは、謝りながらしなければならない」。


これはたしか太宰治の本で読んだ一説だった気がします。


本当にその通りだと思います。


助けてあげったんだ。ってキモチに、人間、どうしてもなっちゃうから。


それって、良いことなのかなあ?なんとなく、悪者の言葉のような気がします。


そんなこと、考えていました。まじめですみません。













2009年10月17日土曜日

ラジオはずっと、インターネットでした。

ラジオはずっと、インターネットでした。


ラジオがすきです。


小さいころ、そんなに聞いてはいなかったのですが、大きくなるうちにすきになりました。


理由は、一対一なような気がするからです。


ラジオDJが誰かも分からないけれど、聞いて元気になったりすることが多いのです。


今で言うと、インターネットと同じではないでしょうか。


検索はできないけれど、コミュニケーションは一対一。


テレビとは違う感覚がよかったのかも。


コピーだって、きほんは、一対一。よく言われるのはラブレターのようにコピーを書きなさい。ってことといっしょではないでしょうか。わたしは「ラブレター」というよりも「手紙」って感覚でいつも書いています。















「引き出しの中のラブレター」


常磐貴子さんが主役の映画だそうです。まだ観てはいないのですが、とっても興味深い映画です。


それよりも、ラジオ番組も同時にやっているそうです。


もちろんパーソナリティーは常磐貴子さん。あのやさしくて、ちょっぴり影のある声が「ラブレター」にぴったりだと思います。


『あなたの言葉を待っている人がいます。』


やさしいコピーが、このキャンペーンっぽくていいですね。


商品や企業は「人格」を気にしながらコピーを書いているのですが、同じく、キャンペーンも人格があるんですね。勉強になりました。


みなさん、ラジオを、ぜひ。









2009年10月16日金曜日

歌ものTVCM②

先日、歌ものTVCMについて載せました。

なので、連載しようと思いふたたび紹介します。

「南クリニック」http://www.minamic.com/

まずはご覧になってください。







南クリニックは、美容外科・整形です。

とくに「きれいになります訴求」でも「変われる訴求」でもありません。

とにかくこのコマーシャルソングが流れます。

わたしもずっとこのCMを見ているのです。

この踊りの謎は未だに解けません。




タレントは小宮千夏さん。
http://koisurulens.sakura.ne.jp/portrait/chinatsu/chinatsu.htm

名古屋とどんな関係があるのかわかりません。でもキレイな方ですよね!

ただ、この歌だけは脳裏にこびり付いています。だから「南クリニック」といえば、CMがすぐに連想されます。

でもでも、肝心な電話番号は思い出せません・・・。どうなんだろうと思いますが・・・。

制作者が、あやまって着信メロディーをつくらなくて正解だと感じました。

2009年10月15日木曜日

ういろうって、正直どうなの?








名古屋の二大ういろうメーカーの1つ、青柳ういろうのCMです。「白黒抹茶あがりコーヒーゆずさくら」というフレーズで有名。一時期「あがり」が「あずき」になっていたせいか、青柳ういろうとは別に、大須ういろというものがありますが、こちらはラジオの午後3時の時報の「わーい3時だ!大須ういろの時間だ」という宣伝で有名です。


名古屋のCMは傾向として「歌もの」が多いような気がします。
昔も同様なんですが、今でも歌ものが多いと思います。


歌ものが悪いわけではありません。
もちろんマーケティングを含め、すべてを考えての「歌もの」を制作したのだと思いますが、それにしても多い。


逆に多すぎて目立っていない気さえします。


難しいです、いまの広告は・・・。